profile

ヘザーのもともとのバックグラウンドは、バレエ、ジャズ、モダンダンサーであり、ダンサーの間では有名な『マーサ グラハム』や『アルビン エイリー ダンスシアター』で、ダンスを学んだ後、べラ ルイスキー ダンスカンパニーで、プロとして踊っていました。そしてヘザーは、UCLAのダンス学部を、モダンダンス専攻で首席の成績で卒業しています。そしてその後、ダンスを教えつつ、ピラティスを始めました。現在も、ボールルームダンスのセミプロとして、様々なコンペティションに出るとともに、生徒を教えています。フロリダで今年開かれた『国際サルサコンペティション』では、アドバンスレベルプロのカテゴリーで優勝しました。ダンサーの為、効率的にピラティスをプログラムして教えている先生でもあります。

ヘザーとロマーナ・クリザノウスカの出会いはロマーナの認定コースでした。ロマーナの認定コースを受講する際、優秀な生徒3人にのみ送られる奨学金を獲得し、ロマーナとのコースを開始しました。優秀な成績でロマーナより直接認定された後、現在までに約22年の指導者経験があります。また、ピラティスだけではなく、ジャイロキネシス、ジャイロトニックの認定トレーナーでもあります。現在、サンタモニカとスタジオシティで2つのピラティススタジオを経営しています。ヘザーのスタジオの認定コースは、カリキュラムがPMAに認定されていますので、彼女のピラティス指導者としてのレベルは保証されています。

ヘザーの記事は、有名な雑誌『ホリスティック・ライフ』でも特集されています。ヘザーの生徒の中には、アンジェラ・バセット(エンド・オブ・キングダム)、ディードル・ホール(刑事コロンボ)、マルシア・クロス(「デスパレートな妻たち」)、マーグ・ヘルゲンバーガー(「CSI:科学捜査班」)もおり、ピラティスを通して、ハリウッド界の健康に貢献していることでも有名なマスタートレーナーです。

ヘザーレオンの『指導者トレーニングプログラム』

ヘザーレオンのクラシカルピラティスでは、創始者ジョセフ・ピラティス氏が教えた真のピラティスメソッドの全てを学ぶことができます。(このプログラムでは、ピラティス氏が使用した、以下の全ての器具とマットについてピラティスエクササイズを行えるようになることをゴールとしています。(当面は、キャデラックとリフォーマーを主に習得して頂きます。器具:リフォーマー、キャデラック、エレクトリックチェア、ワンダチェア、ラダーバレル、スパインコレクター、ベイビーアーク)
参加者は、「ボディコンディショニングの統合的なシステムとして、クラシカルピラティスメソッドをどのように使用するのか」や、「身体的なリハビリ目的や一般的なフィットネスゴール、そしてスポーツパフォーマンス等の需要を満たす為に、ピラティスの普遍原理をどのように適用するのか」について、マット上や器具上の動きを通して学んでいきます。参加者は、450時間のプログラムを終了します。

指導者トレーニングコースの目的

  • ・ピラティスの歴史とそのメソッドの進化について学ぶ
  • ・初心者、中級者、上級者レベルエクササイズの全てにおいて、ゴール、目的と適切なプログラム方法を学ぶ
  • ・テクニックの基本を成す伝統的なピラティスメソッドの原理と重要なコンセプトを明らかにする
  • ・生物力学、アラインメント、姿勢の問題、スペシャルポピュレーションの対処法、エクササイズの修正法を学ぶ
  • ・ピラティスシステムに関連する機能解剖学について学ぶ
  • ・効果的な指導法、コミュニケーションスキル、適切な指導テクニック、トレーニングに必要なプロとしての振る舞いとクライアントの保持する方法について学ぶ
  • ・クライアントのプロフィール、個人ヒストリー、怪我と身体的制限に基づいた、効果的で安全な個人・グループプログラムを作成する方法を学ぶ
  • ・クラシカルピラティスメソッドで使用する身体的スキルをマスターする

ヘザーのピラティスに対する情熱とその想い

クラシカルピラティスメソッドを20年以上指導してきて、心から光栄に思うのは、何千人ものクライアントや指導者トレーニング生達と共に時間を過ごせたことと、彼ら個人個人が持つ目標を達成して、「人生を変える」お手伝いができたことです。私のメンターであるロマーナ・クリザノウスカが教えてくれたことでもありますが、真の純粋なクラシカルメソッドが、正しい方法で一貫して行われた時、人々が、多くの怪我や体の弱さや身体の限界をどのように克服できるのかを、この目で直接見てきました。
私は、心の底から、この奇跡を起こすことのできる技術は、他の方々と共有されるべき『天からの贈り物』だと考えています。なので私は、クラシカルメソッドとその哲学を伝え広めながら、目標に向かい、これまで活動を行ってきました。更に、日本という素晴らしい国で、才能に恵まれた指導者をトレーニングし、ピラティス氏の思想を永続させるのに役立つ機会を持てたことは、これまでにない名誉だと捉えています。
私のメンター ロマーナが行ったように、私はオリジナルのメソッドの維持と普及に全力を尽くして行きます。また、それだけでなく、ロマーナのクラシカルメソッドを基に、現代の解剖学や医学理論等の最新知識も含めたトレーニングも行っていきます。私は、この活動を私の使命だと捉えています。この使命を通して、世界中の人々に、ジョセフ・ピラティス氏の才能がもたらした贈り物『ピラティスメソッド』について伝えていきたいと考えています。

ピラティスエルダーたちから見たヘザーの立ち位置

第一世代 第二世代
ファウンダー(創始者)
ジョセフ・ピラティス
カローラ・トリエー( 1913 – 2000 )
ロマーナ・クリザノウスカ( 1923 – 2013 ) ヘザー・レオン( 第2世代 )
ロン・フレッチャー( 1921 – 2011 )
キャシー・グラント( 1921 – 2010 )
ロリータ・サン・ミゲル( 1934 – )
メアリー・ボウエン( 1930 – )
イブ・ジェントリー( 1909 – 1994 )
ブルース・キング( 1925 – 1993 )